加齢による髪の老化現象をチェック!






ヘアケアの疑問にアンサー! » 加齢による髪の老化現象をチェック!

加齢による髪質低下は女性ホルモンが減少したことの影響が大きい!

男性も女性も避けられないのが性ホルモンの減少という問題

髪に悪い、ダメージを与えるものを極力避けてきたとしても加齢にともなう髪のハリやコシが低下するといった髪質の低下や髪が細くなりボリュームがなくなってくるといった毛量の減少というのは避けて通ることはできません。

加齢にともなう髪質の低下や毛量の減少というのは、若いころから蓄積されてきた髪や頭皮へのダメージも影響しているのはもちろんのこと、 性ホルモンの分泌量の低下という問題が根本的な原因としてあります。

女性の場合であれば、エストロゲンという女性ホルモンが豊かな髪を育むサポートをしてくれているわけですが、30代後半あたりから卵巣の機能が衰えてくるためエストロゲンの分泌が減少しはじめてその影響は髪にもでてきます。

こうした女性ホルモンの減少は女性男性型脱毛症(FAGA)という女性の薄毛の問題に発展することも珍しくありません。女性にも抜け毛を促す男性ホルモンがあるわけですが、 この働きは若いころはエストゲンが抑え込んでいます。

しかし、女性ホルモンが減少すると男性ホルモンの影響が強くなってくるので、髪全体の毛量が減り、地肌が透けてスカスカした感じになっていきます。

こうした加齢による性ホルモンの減少というのは、生活習慣によっても加速されるみたいです。

30代後半からは身体の内側からのホルモンケアも大事です!

加齢による性ホルモンの減少は、髪にかぎらず、お肌もそうですし、美容や健康にダイレクトにかかわってきますから30代も後半になれば、身体の内側からのホルモンケアというのが重要になってきます。

というか10代でも20代でも生活習慣によってはホルモンバランスがめちゃくちゃに乱れることがあるので女性であれば特に若いうちから ホルモンケアを意識しておいたほうが30代後半になったときもあたふたしないで済むのではないかと思います。

女性ホルモンのことを考えた体の内側からのケアというと、プラセンタや大豆イソフラボンなどホルモンの分泌を調整する作用がある 有効成分を摂取することがまず1つ。体を冷やさない、運動するということも大事です。血行を保つことは細胞や組織の代謝を保ったり、機能低下を防ぐ上では不可欠です。

他にもタバコや睡眠不足がホルモンバランスに影響するので規則正しい生活は不可欠です。

髪の老化のサインとしては、ハリやコシがなくなり、髪がうねったり、クセ毛の傾向がでてくるというのが最初にあります。 それから髪が細くなり、地肌が透けてくる、あるいはボリュームがなくなるので前髪が決まらないなどヘアスタイルを整えるのに支障がでてきます。

こういう傾向がでてきたら、これまでのヘアケアも変えていく必要がでてきます。前述したようにインナーケアを重視するというのもそうですが シャンプーの回数を減らして頭皮の乾燥を防いだり、髪を切ってお手入れしやすい状態にするなどがあります。

抜け毛や薄毛にかんしては女性用育毛剤を使うという手もあり、それで改善できたという人もいます。男性に比べて育毛剤はよく効くんですね。

女性に今人気なのは?>>女性用育毛剤NO.1~<おすすめ特選>

「これはひどい!」というレベルであれば薄毛外来にいったほうがいいです。 女性専用のところもあるので通えるようであれば一度相談に行ったほうがいいと思います。7~8割は改善できるそうですから。

髪のダメージ・老化の原因といえば?

紫外線
髪に浴びる紫外線量は顔の約3倍!それだけに髪へのダメージや負担も相当かかります。
乾燥
お肌と同様に髪にも潤いは不可欠!潤いの足りない髪はパサつきやすく、傷みやすい。
皮脂、汗
頭皮には皮脂腺が多いうえ、毛穴のサイズも特大!頭皮環境を快適に保ちましょう。

塩素・塩分
水泳選手やサーファーの髪がボロボロなのを見ればわかるようにそのダメージは深刻。
カラーリング
カラー剤やパーマ液は髪内部に浸透して、髪を変質させるもの。髪にいいわけないです。
加齢
毛根の活性力が弱まり、髪が細く、クセも強くなります。ボリュームダウンが怖い!