ノンシリコンとシリコンの違いは?






ヘアケアの疑問にアンサー! » ノンシリコンとシリコンの違いは?

Q.4 ノンシリコンとシリコンってどう違うの?シリコンはよくないと聞きますけど...

回答⇒   仕上がりに違いがあるだけ。シリコンは安全な成分です。

【解説1】ノンシリコンかシリコンかは仕上がりの違いで選ぶ。

最近のシャンプー選びのポイントはノンシリコンかシリコンかの2択になってますよね。

ノンシリコンには、髪をコーティングしない分、カラーリングやパーマがかけやすくなるという特徴があり、 シリコンには髪をコーティングすることで静電気を防いでくれたり、指通りが滑らかになってツヤがよくなるという特徴があります。

どちらにしたほうがいいの?と迷うところですが、髪質や髪の状態、それから仕上がりをどうするのか?で選ぶのが一番いい方法です。

例えばボリュームが欲しい場合は、ノンシリコンのほうがハリ、コシがでます。逆に髪がパサパサしてきしんでいたり、うまくまとまらないという場合はシリコン入りのほうがいいです。

頻繁に髪を染めたり、パーマをあてる人はノンシリコンがよく、髪のダメージが目立つのを何とかしたいという場合はシリコンでコーティングしたほうが見た目はきれいな髪になります。

このように仕上がりに応じて使い分けるというのが「ノンシリコンか、シリコンか?」の本質であって、髪や頭皮にやさしいのはどっちかという問題ではないんですね。 髪や頭皮にやさしいシャンプーを選ぶのであれば気にすべき点はシリコンの配合の有無ではないということです。

【解説2】シリコンが悪というのは作られたイメージです。

いつのまにかシリコンは毛穴を詰まらせて抜け毛や頭皮にダメージを与える悪い化学成分という扱いをされるようになってしまいましたが、 これは完全にノンシリコンを売り出すために広告代理店が打ち出したイメージ戦略です。

そもそもシリコンは強力な界面活性作用のある洗浄成分のラウレス硫酸を配合したシャンプーで髪を洗うとギシギシになってしまうので指通りをよくするために配合された成分です。

シャンプーの配合成分として長い歴史がありますが、毒性の強い成分の集まりといわれることもあるシャンプーの成分においてこれまで一度も安全性を疑われたことがない成分なんです。

そういう事実があるので、一時的シリコン入りシャンプーに対してネガティブキャンペーンが行われたときに花王だったかどうか大きな 会社が論文やら実験データを持ち出して猛烈に反発したのは有名な話です。

ただ、一般的なユーザーは、根拠やデータではなく、主にCMでのイメージで判断してしまうので、 「シリコンは悪者でノンシリコンは髪や頭皮にやさしい」と思い込まされてしまっています。

この記事を読んでいるあなただけには、シリコンは悪者なんかじゃないと覚えていってもらいたいと思います。