ドライヤーより自然乾燥のほうがいい?






ヘアケアの疑問にアンサー! » ドライヤーより自然乾燥のほうがいい?

Q.6 ドライヤーを使うよりも自然乾燥のほうがいい?

回答⇒  髪は熱に弱いですがドライヤーは必要悪。正しく乾かすことが大事。

【解説1】熱風も髪にダメージを与えますが濡れたままでも髪に悪いんです!

タオルドライをした後、そのまま自然乾燥させるかドライヤーでしっかり乾かすか悩むところですが、ドライヤーは使わざるをえないというのがこの質問に対する回答です。

基本的にドライヤーというのは髪にとってよくありません。高温の熱風が髪に当たると髪を構成するケラチンというタンパク質が変性してしまうので髪が傷んでしまうんですね。

しかし、髪を濡れたまま放置しておいても水分を含んでふくれる膨潤という状態になって髪が脆く切れやすくなりますし、頭皮が湿ったままだと雑菌が増えてしまうのでニオイがでてきてしまいます。

冬場などは自然乾燥を待っていたら寒くて仕方ないという事情もあると思います。 ということで、髪にドライヤーの熱風を当てるというのはよくないことではありますが、そのまま放置しておくことのもそれはそれで問題なのでドライヤーで乾かしたほうがいいです。

もちろん、髪が短ければタオルドライで十分乾くと思うのでそういう場合は無理にドライヤーを使うことはないです。使う必要のないドライヤーは髪と頭皮にとっては弊害でしかありませんので。

朝シャンする人が気をつけないといけないのは、塗れたままの髪はキューティクルが開いた状態でもあるのでその状態が長時間続けば当然、 うるおい成分や栄養分が流れ出てしまい乾燥につながるということ。そして紫外線に対する防御力が弱ってしまうので生乾きのまま外出すると紫外線ダメージを強く受けてしまうということです。

【解説2】髪も火傷するので正しくドライヤーを使うことが大切!

ドライヤーを使う場合は、極力髪にダメージを与えないやり方をする必要があります。

基本となるのはドライヤーと髪の距離を近づけすぎないこと。髪から15~20㎝以上離して使うようにします。髪を持ち上げて 乾きにくい髪の内側や根元から先に乾かすようにします。

熱風を一か所に集中して当ててしまうと髪火傷の原因になるのでドライヤーを動かしながら細かくブロッキングして乾かすようにします。 温風と冷風を交互にあてる、地肌が完全に乾き、毛先が少し湿っている程度で済ませるのがコツです。

できるだけ短時間で済ませたほうがいいというのはいうまでもありません。

他にもドライヤーによる髪火傷を防ぐ方法としては低温ドライヤーというものもあります。使ったことがないのでその実力や効果のほどはちょっとわからないのですが、 使っている人に聞くと好評です。試してみる価値はあるのではないでしょうか?

なお、ドライヤーがこれだけ慎重に扱わなければいけないものということを考えるとヘアアイロンはなおさらだということはお分かりいただけるのではないかと思います。

ヘアアイロンはドライヤーと違って髪から離して使うなんてことはできないので髪火傷は避けられません。髪火傷はキューティクルにダメージを与えるだけでなく、ケラチンを変性させてしまうので、まぁヘアアイロンをする人は美髪はあきらめたほうがいいと思います。