塩素・塩分による髪のダメージと老化






ヘアケアの疑問にアンサー! » 塩素・塩分による髪のダメージと老化

塩素・塩分が髪に付着すると髪からうるおい成分が流出!

海やプールによく行く人の髪は例外なく傷んでいます!

海やプールで泳いだ後というのは真水で髪や身体について塩分や塩素を洗い流さないといけません。髪だけに限るとそれでも パサパサになってしまいます。ようするに塩素や塩分は髪を乾燥させてしまうんです。

海水の場合は髪にとってはかなりの刺激物であり、塩もみされる状態になるのでキューティクルが開いてしまって 髪のうるおいやタンパク質が流出してしまうのでスカスカ&パサパサの状態になってしまいます。

海水に入るだけも髪が傷むのに、野外ということでこれに強烈な紫外線が加わると内部のメラニン色素やケラチンなどの タンパク質が変性してしまうため髪の色も赤や茶色に変色してしまいます。

プールの水に含まれている塩素も髪に与える影響は海水と一緒です。塩素が髪に付着することでキューティクルが破壊されて うるおい成分が流れだし、さらに紫外線の影響も塩素の漂白作用が加わることで倍増してしまいます。

趣味でよくプールで泳いでいる人、サーファーの髪が尋常ではないぐらい傷みまくっているのは塩素・塩分のそのものの影響に くわえて、紫外線の影響を受けやすくなってしまうからでもあります。

塩素・塩分から髪を守る方法を紹介します!

塩素や塩分から髪を守ろうと思ったら当たり前ですが、それらを避けるのが一番です。

とはいえ、プールが好きだからとか学生であれば体育の授業で泳がないといけないこともあるでしょうし、友達とプールや 海へ遊びに行くのを我慢するというのも色々問題が起こりそうですよね。

こういう場合の対処としては、まずは洗い流さないタイプのトリートメントや椿油を使って髪表面をコーティングしてから 水を通さないシリコン製のキャップをしっかりかぶって極力濡らさないようにします。

海やプールから上がった後は、しっかり塩素や塩分をシャワーで洗い流してシャンプー&トリートメントをしてください。 注意すべきポイントは時間を置いてはいけないということ。とにかくすぐにやってください。

あと意外に盲点になっているのが自宅のお風呂やシャワーです。家庭で使っている水には残留塩素が残っているんですが、 ここまで気にしている人はいないと思います。まぁもちろん微量なので敏感肌の人でもないかぎりはそこまで気にする必要もないと思いますが。

アトピーやアレルギー体質の人向けに塩素除去できるシャワーヘッドもあるので髪を大切に考えている人はそういう アイテムを使ってみるのもいいかと思います。上級者向けのテクニックですけどね。

髪のダメージ・老化の原因といえば?

紫外線
髪に浴びる紫外線量は顔の約3倍!それだけに髪へのダメージや負担も相当かかります。
乾燥
お肌と同様に髪にも潤いは不可欠!潤いの足りない髪はパサつきやすく、傷みやすい。
皮脂、汗
頭皮には皮脂腺が多いうえ、毛穴のサイズも特大!頭皮環境を快適に保ちましょう。

塩素・塩分
水泳選手やサーファーの髪がボロボロなのを見ればわかるようにそのダメージは深刻。
カラーリング
カラー剤やパーマ液は髪内部に浸透して、髪を変質させるもの。髪にいいわけないです。
加齢
毛根の活性力が弱まり、髪が細く、クセも強くなります。ボリュームダウンが怖い!