紫外線による髪のダメージと老化






ヘアケアの疑問にアンサー! » 紫外線による髪のダメージと老化

紫外線が及ぼす髪へのダメージとその対策について

髪が浴びる紫外線の量は顔の3倍!

お肌はしっかり紫外線対策しているけれど髪までしっかりしているという人となるとかなり少なくなるのではないでしょうか? 実際にあるアンケートでは肌の紫外線対策をしていると答えた人は8割近くに昇ったのに対して髪の紫外線対策をしていると答えた人は2割に満たなかったんだとか。

髪は顔の3倍の紫外線量を浴びているにもかかわらず、多くの人にとって髪の毛の紫外線対策は盲点になっている事実が浮かび上がる数字になってますよね。

紫外線が髪にどんなダメージを与えてしまうのかというと髪を保護しているキューティクルが酸化ダメージを受けることで壊れてしまい、 剥がれたキューティクルの隙間からタンパク質やうるおいを保つ成分が流失してしまうため、髪の水分を保持できなくなってパサパサした乾燥毛になってしまいます。

また、キューティクルがめくれてしまったり、剥がれてしまうということは髪のツヤもなくなってしまうため、輝きが失われてしまい、 一気に老けた印象をもたれるようになってしまいます。

それから髪だけでなく、頭皮への影響も考えないといけません。髪が生える土壌である頭皮が紫外線によってコラーゲンが破壊されて 頭皮が老化し、弾力がなくなって頭皮が硬くなってしまえば当然、髪の毛の成長やヘアサイクルにも問題がでてきてしまうはずです。

今日からはじめる髪の紫外線対策

髪や頭皮を守る紫外線対策は、基本的には帽子と日傘が中心になります。 スプレータイプの髪に使える日焼け止めもあるにはありますが、それだけだとはっきりいって頼りないです。

そのため日差しのあるなかを外出する場合は、必ず帽子か日傘のいずれかを使いたいものです。

また、紫外線のあたる髪の表面積を減らすというのも有効な髪の紫外線対策の方法なので、髪の長い人は髪を1つにまとめてコンパクトにするといいと思います。

もし、髪にたっぷりの紫外線を浴びてしまった場合は、いつも使っているシャンプーやコンディショナーではなく、補修力の強いものを使ってダメージを補修するようにします。 ブローの際は、タンパク質やアミノ酸を含有する髪の美容液をつかってうるおいをチャージするようにしましょう。

個人的にアフターケアにおすすめだと思っているのが椿油。髪だけでなく、頭皮へのケアにもなるので重宝しています。

いずれにせよ髪の紫外線対策はお肌の紫外線対策と同じで浴びない予防が第一です。

髪のダメージ・老化の原因といえば?

紫外線
髪に浴びる紫外線量は顔の約3倍!それだけに髪へのダメージや負担も相当かかります。
乾燥
お肌と同様に髪にも潤いは不可欠!潤いの足りない髪はパサつきやすく、傷みやすい。
皮脂、汗
頭皮には皮脂腺が多いうえ、毛穴のサイズも特大!頭皮環境を快適に保ちましょう。

塩素・塩分
水泳選手やサーファーの髪がボロボロなのを見ればわかるようにそのダメージは深刻。
カラーリング
カラー剤やパーマ液は髪内部に浸透して、髪を変質させるもの。髪にいいわけないです。
加齢
毛根の活性力が弱まり、髪が細く、クセも強くなります。ボリュームダウンが怖い!